あなたのお家のジメジメ菌ただいま増殖中

洗濯槽のジメジメ菌

キレイに見える洗濯槽も裏側はジメジメ菌の遊園地!
洗濯槽の裏には、実はジメジメ菌がいっぱい!
洗濯物につく黒いクズや生乾きのようなニオイもジメジメ菌の仕業です。

こんな経験ありませんか?

原因は洗濯槽の裏のジメジメ菌かも!?

一見キレイに見えても…洗濯槽の裏はジメジメ菌がびっしり!?

洗濯機のジメジメ菌には「洗たく槽カビキラー」!

洗濯機のジメジメ菌は「洗たく槽カビキラー」で撃退!!
洗濯槽の裏のジメジメ菌を強力洗浄。
洗濯槽を清潔にします!
洗濯槽のジメジメ菌に

洗たく槽カビキラーの基本的な使い方

全自動洗濯機、乾燥機能付き全自動洗濯機の場合
@電源を入れてから、本剤を全量入れ、高水位まで給水します。
※入浴剤を使用しているフロの残り湯を使わないでください。
A「標準コース」(洗たく→すすぎ→脱水)で1サイクル運転し、洗濯機を洗浄します。
終了後、洗濯槽を確認し、汚れが内側についている時は、さらにすすぎを行ってください。
※必ず使用前に表示をお読みください。

“正しい洗濯槽ジメジメ菌の撃退ガイド"

  • 液体と粉末の違いを正しく理解しましょう
  • 撃退方法のマメ知識

液体と粉末の違いを正しく理解しましょう

液体と粉末にはこんな特徴があるよ

洗たく槽カビキラー(塩素系) 洗たく槽カビキラー(塩素系)

汚れの奥まで浸透し、
塩素系で強力分解

ドラム式洗濯機にも使用可能

汚れの奥まで浸透し、塩素系で強力分解
アクティブ酸素で落とす洗たく槽カビキラー(非塩素系) アクティブ酸素で落とす洗たく槽カビキラー(非塩素系)

アクティブ酸素(非塩素)で
汚れを剥がして落とす

ドラム式洗濯機には使えません

アクティブ酸素(非塩素)で汚れを剥がして落とす
どちらが良いか、簡単に知りたい方はこちら 洗濯槽クリーナー診断

撃退方法のマメ知識

はじめて使う場合、汚れがひどい場合

「槽洗浄コース」の利用で効果的に!
槽洗浄コースがある場合は、本剤を洗濯機に入れ、
槽洗浄コースで洗浄するといっそう効果的です。
槽洗浄コースが無い場合は、本剤を洗濯機に入れ
給水した後、約3時間つけおきすると効果的です。
汚れが取りきれない時は使い続けてOK!
すすぎを繰り返しても汚れが出てくる場合、
汚れが取りきれていないことが考えられますので
洗たく槽カビキラーを再度使用してください。
続けて使っても洗濯槽には影響ありません。

使用頻度は1〜2ヶ月ごとに使うのがおすすめ

洗濯槽を清潔に保つために、
1〜2ヶ月ごとの定期的な使用をお勧めします。
1〜2ヶ月に1回

洗たく槽カビキラー ラインナップ

ジメジメ菌撃退キャンペーン

※ジメジメ菌をスッキリ除菌すること

ページトップへ